ファイトスタイル

メイウェザーのファイトスタイルは?無敗ボクサーの強さや凄さを徹底解説!

メイウェザーのファイトスタイルを解説
arisa6500@gmail.com
記事内にプロモーションを含む場合があります
こんな人におすすめ
  • メイウェザーのファイトスタイルを知りたい
  • 戦績やファイトマネー
  • 強さの秘訣を知りたい

格闘技のすゝめ、運営者のこうきです。

フロイド・メイウェザーはボクシング界において独特なファイトスタイルで知られています。彼のパンチの正確さや防御技術、そして戦略的なアプローチは彼をボクシング界のトップに押し上げました。

本記事では、メイウェザーのファイトスタイルを詳細に解析します。

まず彼のプロフィールや輝かしい戦績に触れ、ファイトスタイルの特徴や能力を深く掘り下げます。

メイウェザーのスタイルは、防御重視のカウンタースタイルであり、彼の戦い方は緻密な計算とタイミングの正確さに基づいています。

彼のファイトスタイルを通じて、ボクシングの駆け引きや戦術の複雑さを理解することができます。

柔道、キックボクシング、総合格闘技の経験を生かし、ぼくがメイウェザーのファイトスタイルの秘密を解き明かします。

本記事を通して、メイウェザーの戦術や技術の理解を深め、ボクシングの奥深さをさらに探求しましょう。

メイウェザーとは

メイウェザーのプロフィール

メイウェザー選手について解説します。

プロフィール

フロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr.)は、1977年2月24日生まれのアメリカ出身の元プロボクサー(2017年に引退)です。173センチの右ボクサーファイター。

彼はプロボクシング界において、史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成し、50戦全勝という驚異的な記録を持つ伝説的な存在です。

アマチュア時代から注目を集め、1996年にプロデビュー。以降、ボクシングの技術と戦略において類稀なる才能を示し続けました。

また、彼は「パウンド・フォー・パウンド」最強のボクサーとして長年にわたり評価され、キャリアを通じて数々の歴史的な試合を制覇。ボクシング史上最も偉大な選手の一人と称されています。

階級

スーパーフェザー級(リミット58.9キロ)からスーパーウェルター級(69.8キロ)までの5階級を無敗のまま制覇しています。

獲得タイトル

メイウェザーの獲得タイトルは以下の通りです。

■WBA

WBA世界ウェルター級スーパー王座
WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座

■WBO

WBO世界ウェルター級王座

■IBF

IBF世界ウェルター級王座

■WBC

WBC世界スーパーフェザー級王座
WBC世界ライト級王座
WBC世界スーパーライト級王座
WBC世界ウェルター級王座
WBC世界スーパーウェルター級王座
WBC世界スーパーウェルター級ダイヤモンド王座

■その他

IBO世界ウェルター級王座
IBA世界ウェルター級王座
WBS世界ライト級王座
1996年アトランタオリンピック銅メダル

戦績

アマチュアボクシング:90戦 84勝 6敗
プロボクシング:50戦 50勝(27KO) 無敗
世界戦:27戦27勝(11KO)無敗

勝率は100%でKO率は5割越え。無敗のまま5階級制覇を達成しています。

ファイトマネー

メイウェザーは、ファイトマネーとペイ・パー・ビューの売上げを合わせて総額約8億ドル(約1000億円)を稼いだとされています。

特筆すべきは、2007年のオスカー・デラホーヤ戦での約30億円、2013年のショータイムとの約200億円契約、そして2015年のマニー・パッキャオ戦でのファイトマネー約144億円にPPVの歩合を加えた約276億円です。

引退後も2018年の那須川天心戦では約9億9000万円、2021年のローガン・ポール戦で約110億円、2022年のドン・ムーア戦で約13億円を稼ぎました。

エキシビションマッチだけで、約150億円近くを稼ぎ出しています。

名言

メイウェザーの最も有名な名言を2つ紹介します。

  1. 「お前らが休んでいるとき、俺は練習している。 お前らが寝ているとき、俺は練習している。 お前らが練習しているときは、当然俺も練習している」
  2. 1日は24時間しかない。8時間は寝ている。8時間は働いている。これで16時間経過した。朝昼晩、食べれば19時間。身支度に1時間。これで20時間経過した。残りの4時間を無駄にはできない。やるべきことに集中しろ。俺は集中してきたから今の地位がある。やるべきことに集中しろ。

メイウェザーのファイトスタイルや能力を分析

メイウェザーのファイトスタイル

メイウェザーのボクシングスタイルや能力を分析します。

ファイトスタイル

メイウェザーのボクシングファイトスタイルは、右オーソドックスのアウトボクサータイプであり、最大の特徴は高いディフェンス技術です。

彼のボクシングは、ただ相手を打ち負かすだけでなく、戦術的な洞察力と計算された動きによって負けない戦い方を追求したものです。

バランスのとれたスタイルは、彼を歴史上最も優れたボクサーの一人に位置づけています。

ディフェンス

彼は相手の攻撃を予測し、素早く反応して避ける能力が非常に高く、特に彼のL字ガードスタイルはパンチを防ぐのに効果的です。

左手でボディを守り右手で顎をガードし、身体の動きを組み合わせることで、鉄壁のディフェンスを構築しています。

また、彼は攻撃を受ける前に相手の動きを予測し、ダッキングやバックステップ、ショルダーガードなどで効果的に避けることが得意です。

オフェンス

オフェンス面では、メイウェザーはL字ガードの構えから素早い左手の攻撃を打ち出します。彼の左ジャブや左アッパー、左カウンター、左ボディジャブなどはバリエーション豊かであり、着弾率が高くパワフルです。

右の攻撃に関しては手数が減るもののスピードとパワーがあり、特に伸びのある右ストレートは非常に強力です。

メイウェザーは多様な攻撃技を駆使して相手を圧倒することができます。

代表的な試合でのファイトスタイルを分析

メイウェザーの代表的な試合でのファイトスタイルを分析します。

vs ヘナロエルナンデス(1998年10月3日)

WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチでのメイウェザーは、特徴的なディフェンススキルと正確なカウンター攻撃を展開しました。

彼はエルナンデスの攻撃を効果的に避け、スピードと精度のあるストレートと組み合わせたカウンターでダメージを与え、9ラウンドでTKO勝利を収めました。

vs ディエゴ・コラレス(2001年1月20日)

WBC防衛戦でのメイウェザーは、圧倒的なオフェンスを見せました。

彼は積極的に前進し、高速で正確なジャブと強烈なコンビネーション攻撃でコラレスを圧倒しました。

メイウェザーの運動能力と攻撃の多様性が彼の強さを証明しました。

vs リッキー・ハットン(2007年12月8日)

WBCウェルター級防衛戦でのメイウェザーは、計算されたディフェンスとタイミングの良いカウンター攻撃で勝利しました。

ハットンの攻撃を巧みに避け、彼の隙を突いて正確なパンチで反撃しました。

メイウェザーのディフェンス技術と戦略的なオフェンスが際立っていた試合でした。

vs マニー・パッキャオ(2015年5月2日)

WBA・WBC・WBO世界ウェルター級王座統一戦でのメイウェザーは、ディフェンスとポイント戦略に重点を置きました。

彼はパッキャオの攻撃を効果的に避けつつ、ジャブとカウンターでポイントを積み重ね、12ラウンドで判定勝利を収めました。防御的なスタイルとタイミングの良い攻撃で勝利を掴みました。

vs コナー・マクレガー(2017年8月26日)

マクレガーとの試合では、メイウェザーはより攻撃的なアプローチを取りました。

彼は初めてのプロボクシングマッチに挑むマクレガーに対して積極的に前進し、パワフルな攻撃で圧倒しました。メイウェザーの攻撃力と経験が彼の勝利を決定づけました。

メイウェザー ファイトスタイルに関するQ&A

メイウェザーのファイトスタイルに関するよくある質問です。

Q
Q1.メイウェザーは現役の頃、途中でファイトスタイルを変えていましたか?

メイウェザーは現役時代、キャリアを通じてファイトスタイルを微妙に変化させていました。初期の頃はより攻撃的で、素早いコンビネーションとアグレッシブなファイトスタイルを見せていました。

しかし、彼のキャリアが進むにつれて、より戦略的で防御的なスタイルに変化し、カウンターと防御技術を重視するようになりました。

Q
Q2.メイウェザーは他のボクサーと違い、何が凄いのか?

メイウェザーの凄さは、彼の類まれな防御技術と戦略的な戦い方にあります。

彼はパンチをほとんどクリーンヒットさせず、非常に高いディフェンススキルを持っていました。

また、試合をコントロールする能力があり、相手の攻撃を見切り、適切なタイミングで有効なカウンターを打つことができました。

Q
Q3.パッキャオとメイウェザーはどっちが強い?

パッキャオとメイウェザーのどちらが強いかは主観的な問題ですが、実際に対戦した2015年の試合ではメイウェザーが判定で勝利しています。

しかし、試合での勝利が必ずしも一方が他方よりも絶対的に強いということを意味するわけではありません。両者は異なるスタイルと強みを持つ優れたボクサーです。

Q
Q4.メイウェザーの最高ファイトマネーはいくらですか?

メイウェザーの最高ファイトマネーは、2015年のマニー・パッキャオとの試合で、推定2億3000万ドル(約276億円)と言われています。

まとめ

格闘技観るならU-NEXT
今回のまとめ
  • メイウェザーアマチュア時代から注目を集め、1996年にプロデビュー。
  • 史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成し、50戦全勝という驚異的な記録を持つ伝説的なボクサー。
  • メイウェザーは、ファイトマネーとペイ・パー・ビューの売上げを合わせて約1000億円を稼いだと言われている。
  • メイウェザーのボクシングファイトスタイルは、右オーソドックスのアウトボクサータイプ。
  • ディフェンス、オフェンスともに非常に優れている。

メイウェザーのようなプロボクサーのファイトスタイルについて深く学びたい方には、試合動画の視聴が理想的です。

そんなあなたにはU-NEXTがオススメです!
U-NEXTでは、メイウェザーを含むプロボクサーの試合動画や技術解説、トレーニング動画が豊富に用意されています。

また、U-NEXTでは格闘技の動画だけでなく、映画やアニメ、雑誌の読み放題など多彩なコンテンツが充実しています。

31日間の無料トライアルに登録すると600ポイントが付与されるため、最新の映画や人気マンガなどの有料コンテンツも楽しむことができます。

U-NEXTでメイウェザーのようなトップクラスのファイターの試合を視聴し、彼らの技術や戦略を学んでみませんか?

ぜひ下記のU-NEXTのボタンをクリックして、無料体験をお試しください!

まずは31日間 無料トライアル

ABOUT ME
こうき
こうき
格闘技の上達方法を解説!
当サイト「格闘技のすゝめ」の管理人。格闘技歴10年。会社員をしながら格闘技をしています!
SNSでは格闘技の試合動画や技術解説してます。フォローして是非チェックしてください!
格闘技好きは登録しておきたい!

動画配信サービス「U-NEXT」

UFC見るならU-NEXT

U-NEXTはRIZINやUFCなど視聴できる動画配信サービスです。

他にもBellatorやK-1、DEEPなどの格闘技が楽しめます。

290.000本以上が見放題で、解約はいつでもOK。

まずは31日間 無料トライアル
記事URLをコピーしました