キック

一撃でKO?立てなくなるカーフキックの蹴り方!

Thorough-explanation-of-the-calf-kicking-technique.-ic
arisa6500@gmail.com
記事内にプロモーションを含む場合があります

こんな人におすすめ

  • カーフキックの蹴り方
  • カーフキックを狙う場所
  • カーフキックの練習方法

キックボクシング上達ブログ、運営者のこうきです。

カーフキックは、相手の足裏やふくらはぎを狙うローキックの一種で、MMAやムエタイ、キックボクシングなどの格闘技で頻繁に使用される技です。

本記事では、このカーフキックの蹴り方について詳しく解説します。

まず、カーフキックの基本的な蹴り方は、他のローキックと似ています。狙う場所は相手のふくらはぎです。

「ふくらはぎ」を攻撃することで、相手の動きを鈍らせ、バランスを崩すことができます。

また、カーフキックは正確さとタイミングが非常に重要です。

相手のガードが下がった瞬間や、フットワークで動いている最中に蹴ると効果的です。

相手の足元を見て、適切なタイミングと角度で蹴りを入れることが求められます。

そして、忘れてはならないのが体重移動です。

カーフキックは全身の力を使って蹴る技なので、体重移動をしっかりと行うことで威力を増すことが可能です。

しかし、蹴り方だけでなく、守り方も重要です。

カーフキックは強力な反撃を受ける可能性があるため、蹴った後の防御にも注意が必要です。

本記事では、これらの要点を解説し、効果的なカーフキックの蹴り方を提供します。

記事後半では実際に僕も行っているカーフキックの練習方法もご紹介しています。

柔道、キックボクシング、総合格闘技を10年ほど実践してきた経験を基に解説しますので、ぜひ参考にしてください。

カーフキックの蹴り方

Image-of-Mikuru-Asakura-kicking-a-calf-kick-in-a-match

以下に、カーフキックの蹴り方を解説します。

蹴り足の準備

カーフキックを行う前には、まず蹴り足のつま先を少し内側に向け、膝を軽く曲げます。

同時に体を蹴り足と反対方向に回転させ、ヒップと体全体の力を最大限に活用する準備をしましょう。

このとき、蹴る足と同じ側の肩を前に押し出し、体全体をひねってください。

相手のふくらはぎの下部に向けてヒップと上半身を回転させることで、蹴る力が増します。

カーフキックを蹴る

カーフキックの実行は体全体の動きとタイミングによって成り立ちます。

体をひねりながら、蹴る足のふくらはぎの下部(シン)で相手のふくらはぎの下部を蹴ります。

この時、足首は固定し、つま先は下向きにし、シンの一部で蹴ることがポイントです。

また、ヒップの回転と共に蹴る脚と同じ側の腕もスイングさせることも重要です。

これにより、体全体のバランスを保ちつつ、蹴りの力を増加させることができます。

蹴りが終わったら、すぐに防御体勢に戻りましょう。

カーフキックのコツ

以下に、カーフキックのコツを解説します。

体全体を使う

カーフキックは単に足を振るだけの動作ではありません。

腰を含めた体全体の動きが必要で、体の回転と腰の使い方がキックの力とスピードに大いに影響します。

体全体を使うことで、より強力な一撃につながります。

蹴るタイミングを見極める

カーフキックはタイミングが非常に重要です。

相手が攻撃の動きをした瞬間(体重を前足に移動したとき)、または相手が移動している最中などが狙い目です。

これにより、相手は攻撃や防御の動きを制限され、ダメージを受けやすくなります。

相手の動きを読み取ることで、最適な瞬間に攻撃を行うことができます。

カーフキックを当てる場所

カーフキックは、相手の脚の下部、特に「ふくらはぎ」の部分を狙います。

具体的には、膝下の脛の部分から足首までの中間地点、特に筋肉質なふくらはぎの部分がターゲットです。

カーフキックはどこで蹴る?

カーフキックを行う際には、自分の「脛」の部分で蹴ります。

具体的には、足首から膝にかけての中央部分、つまり脛骨(シンボーン)の部分で相手のふくらはぎの下部を蹴ります。

カーフキックの練習方法

Image-of-a-man-practicing-calf-kicks-with-a-sandbag

以下に、カーフキックの練習方法を解説します。

サンドバッグ

サンドバッグは、特に初心者に推奨されます。

サンドバッグは動かないため、ターゲットへの正確な当て方、力の調節、蹴りの角度などを学ぶのに適しています。

脛の中央部分でサンドバッグを蹴ることを繰り返すことで、技術の精度を向上させることが可能です。

また、実際に相手の体にキックを放つ際の感覚をつかむことができます。

ミット打ち

ミット打ちは、カーフキックの打撃感覚とタイミングを練習するのに適しています。

トレーナーまたはパートナーがミットを持ち、実際の相手のふくらはぎがある位置にミットを置きます。

この練習では、移動するターゲットに対してどのように蹴りを当てるかを練習します。

筋力トレーニングとストレッチ

カーフキックには体全体の筋力とバランスが必要です。

特に脚とコアの筋肉を強化することで、より強力で安定したキックを放つことができます。

また、ストレッチを行うことで柔軟性を保ち、怪我のリスクを減らします。

例えば、スクワットやデッドリフト、プランクなどがおすすめです。

カーフキックの注意点

Image-of-a-man-kicking-a-calf-in-a-martial-arts-match

以下に、カーフキックの注意点を解説します。

連続して使わない

カーフキックを連続して放つと、相手はそれを予想し、避けたりカウンターを狙ってきます。

そのため、攻撃のパターンを読まれないように、さまざまな攻撩手段を組み合わせて使うことが重要です。

相手との距離感に気をつける

カーフキックを蹴る際には適切な距離感が重要です。

相手との距離が近すぎると、フルスイングができず威力を発揮できません。

また、遠すぎるとキックが届かず、バランスを崩してカウンターを食らうリスクがあります。

まとめ

今回のまとめです。

【カーフキックの蹴り方】

蹴り足の準備

  • 蹴り足のつま先を少し内側に向け、膝を軽く曲げる。
  • 体を蹴り足と反対方向に回転させ、ヒップと体全体の力を活用する。
  • 蹴る足と同じ側の肩を前に押し出し、体全体をひねる。
  • 相手のふくらはぎの下部に向けてヒップと上半身を回転させる。

カーフキックを蹴る

  • 体をひねりながら、蹴る足のふくらはぎの下部(シン)で相手のふくらはぎの下部を蹴る。
  • 足首は固定し、つま先は下向きにし、シンの一部で蹴る。
  • ヒップの回転と共に蹴る脚と同じ側の腕もスイングさせる。

【カーフキックのコツ】

  • 体全体を使う:腰を含めた体全体の動きが必要。
  • 蹴るタイミング:相手が攻撃の動きをした瞬間や、相手が移動している最中が狙い目。

【カーフキックを当てる場所】

  •   相手の脚の下部、特に「ふくらはぎ」の部分を狙う。
  •   膝下の脛の部分から足首までの中間地点、特に筋肉質なふくらはぎの部分がターゲット。

【カーフキックの注意点】

  • カーフキックを連続して使わない。
  • カーフキックを蹴る際は、相手との距離感に気をつける。

キックボクシングのキックの種類について知りたい方は、キックボクシングのキックの種類を解説!格闘技の蹴り技一覧の記事をご覧ください。

ABOUT ME
こうき
こうき
格闘技の上達方法を解説!
当サイト「格闘技のすゝめ」の管理人。格闘技歴10年。会社員をしながら格闘技をしています!
SNSでは格闘技の試合動画や技術解説してます。フォローして是非チェックしてください!
格闘技好きは登録しておきたい!

動画配信サービス「U-NEXT」

UFC見るならU-NEXT

U-NEXTはRIZINやUFCなど視聴できる動画配信サービスです。

他にもBellatorやK-1、DEEPなどの格闘技が楽しめます。

290.000本以上が見放題で、解約はいつでもOK。

まずは31日間 無料トライアル
記事URLをコピーしました